耐震構造スリット、後施工スリット工事、層間ふさぎのロンビックジャパン
耐震構造スリット、後施工スリット工事、層間ふさぎのロンビックジャパン
HOME会社情報商品情報商品資料CADデータお問い合せリンク
HOME > 商品情報 > 打継目地
   
     
   
 
定尺 2,000mm
無頭釘 約300ピッチにセットしてあります。
 
     
   
 
定尺 2,000mm
無頭釘 約300ピッチにセットしてあります。
目地棒 発泡目地棒
  25×20×20 片テーパーがセットしてあります。
 
     
   
 
 
     
   
 
ダンサーZ、ダンサーZ目地棒付は、定尺2.000mmになります。本数を御指示下さい。
上に重なる水平スリット(LHソフト)は、スリット本体の寸法を御指示下さい。

(例)壁厚150mm、耐火、ダンサーZ使用、外部に深さ20mmの目地棒が入る場合。
(1) ダンサーZ
L-2000
 
(2) LH25RK
W100
L-2000
   
スリット本体寸法
定尺
 
     
   
 
目地棒を取り付けます。(現場調達) 目地棒にダンサーZを無頭釘で止めます。 ダンサーZに合わせて、床コンクリートを打設します。 型枠を建て込み、水平スリットを取付け、壁コンクリートを打設します。
 
     
 
 
     
   
 
定尺 2,000mm
目地棒(現場調達)
25×20×20 片テーパー
30×20×25 片テーパー
 
     
   
 
 
     
   
 
レベル7は、定尺2.000mmになります。本数を御指示下さい。
水平スリット(LHソフト)は、スリット本体の寸法を御指示下さい。
 
     
   
 
目地棒を取り付け、レベル7をかぶせ丸釘で止めます。 レベル7に合わせて、床コンクリートを打設します。 型枠を解体して、上階の壁型枠を建て込みます。 水平スリットを取付け、コンクリートを打設します。
 
     
耐震構造スリット、後施工スリット工事、層間ふさぎのロンビックジャパン