ソーカンパック ALタイプProducts

作業効率をアップさせる、業界話題の製品

ソーカンパック ALタイプイメージ

特徴

  • ロックウールをポリパックし、アルミシートを貼っている形状のまま2時間の加熱試験に合格
  • ソーカンパック1本に対してソーカンホルダーを2ヶ使用する。

使用するメリット

  • 取付けに専門工事業者が不要
  • ロックウールをポリパックしている為、中身が漏れにくい、また飛散する心配がない。
  • その他、吹き付けによる耐火被覆を行わない現場や工場・倉庫など層間幅の広い現場に特にお薦めです。

取付手順

  • 1. ソーカンホルダーを層間部分に差し込む。
    (L900 1本あたり2ヶ)

  • 2. ソーカンパックを詰み込み、アルミテープのリケイ紙を剥がした上でスラブ側と外壁側に貼り付け完了です。

施工手順

  • 1. 段ボール梱包にて納品

  • 2. AL-50 50R L-900及びソーカンホルダー15R

  • 3. 層間部分

  • 4. ソーカンホルダーを落とし込む

  • 5. ソーカンパックを挿入

  • 6. 外壁側とスラブ側にアルミシートを貼り付けて完了

仕様

ALタイプ

対応幅(層間幅) 仕様サイズ W H L
20~24 AL-25 50R 25 50 900
AL-25 100R 25 100
25~39 AL-40 50R 40 50
AL-40 100R 40 100
40~49 AL-50 50R 50 50
AL-50 100R 50 100
50~74 AL-75 50R 75 50
AL-75 100R 75 100
75~99 AL-100 50R 100 50
AL-100 100R 100 100
100~124 AL-125 50R 125 50
AL-125 100R 125 100
125~149 AL-150 50R 150 50
AL-150 100R 150 100

ソーカンホルダー

R L900 1本に必要数
15 2ヶ
25 2ヶ

施工上の注意点

  • 必ず実際の層間幅よりも大きい幅(W)の製品を使用し、圧縮して隙間の無いよう施工して下さい。
  • 施工に当たり、予めジョイント部用テープをご用意下さい。
  • 外壁及びスラブが雨等により濡れている状況では、アルミシートの粘着部に悪影響を与える為、施工しないで下さい。

日本建築学会適用等級について

ソーカンパック耐火性能試験(耐火時間:2時間)合格