テンロックホルダーネオ+ソーカンパック ALタイプProducts

国交省技術的助言の対応を考えた、層間耐火ふさぎ用1.6mm鋼板支持金物テンロックホルダーネオ(特許出願中)

テンロックホルダーネオ+ソーカンパックイメージ

特徴

  • テンロックホルダーネオを使用する事によって1.6mmの鋼板を溶接・ビス止めすることなく、施工が出来る。
  • ソーカンパック+テンロックホルダーネオ+1.6mm鋼板で2時間の耐火性能試験に合格している。

使用するメリット

  • 取付けに専門工事業者が不要
  • ロックウールをポリパックしている為、中身が漏れにくい、また飛散する心配がない。
  • その他、吹き付けによる耐火被覆を行わない現場や工場・倉庫など層間幅の広い現場に特にお薦めです。

施工手順

  • 1. 層間幅を確認し、テンロックホルダーネオをつっぱらせ、1.6mm鋼板を外壁に立て掛けます。

    ※テンロックホルダーネオは1.6mm鋼板1枚に2~3ヶ程度使用します

  • 2. 1.6mm鋼板をテープ等で固定します。

    ※1.6mm鋼板の上部はソーカンパックを充填の為、50mm以上確保して下さい。

  • 3. 層間より大きい製品を圧縮して詰めます。

  • 4. アルミシートのりけい紙を剥がし、スラブに貼り付けます。

施工上の注意点

  • 1.6mm鋼板1枚に対してテンロックホルダーネオを2~3ヶ程度使用して下さい。
  • 1.6mm鋼板は現場手配となります。また、鋼板サイズは下記仕様表に記載されたサイズの鋼板をご使用下さい。
  • 1.6mm鋼板の上部はソーカンパック充填の為、50mm以上確保して下さい。
  • ソーカンパックは実際の層間幅より大きい幅(W)のものを使用し、圧縮して隙間のない様に施工して下さい。
  • 施工にあたり、予めジョイント用のテープを御用意下さい。
  • 外壁、スラブが濡れている状況では、アルミテープの粘着部に悪影響を与える為、施工は避けて下さい。
  • 1.6mm鋼板はズレ止めの為、ガムテープ等で固定して下さい。

仕様

ALタイプ

対応幅(層間幅) 仕様サイズ W H L
20~24 AL-25 50R 25 50 900
25~39 AL-40 50R 40
40~49 AL-50 50R 50
50~74 AL-75 50R 75
75~99 AL-100 50R 100
100~124 AL-125 50R 125
125~149 AL-150 50R 150

テンロックホルダーネオ、1.6mm鋼板

テンロックホルダーネオ (THN) 1.6mm鋼板
THN50 60mm
THN75 90mm
THN100 115mm
THN125 130mm
THN150 155mm

※アルミシートのりけい紙は2種類あります。

  • 1回の納品で100本未満の場合、又はホルダーのみの場合、送料がかかります。
  • 特注品は御相談下さい
  • 1.6mm鋼板は現場手配となります。
  • H=50で2時間の耐火性能試験に合格しています。
  • テンロックホルダーネオ(TH)

    THN50・75・100・125・150

テンロックホルダーネオ+ソーカンパックのカタログはこちら