耐震構造スリット、後施工スリット工事、層間ふさぎのロンビックジャパン
耐震構造スリット、後施工スリット工事、層間ふさぎのロンビックジャパン
HOME会社情報商品情報商品資料CADデータお問い合せリンク
HOME > 商品情報 > テンロック+ソーカンパック
   
  国交省技術的助言の対応を考えた、層間耐火ふさぎ用1.6mm下地金物テンロックホルダー(特許出願中)  
     
   
 
  • テンロックホルダーを使用する事によって1.6mmの鋼板を溶接・ビス止めすることなく、施工が出来る。
  • ソーカンパック+テンロックホルダー+1.6mm鋼板で2時間の耐火性能試験に合格している。
 
     
   
 
  • 取付けに専門工事業者が不要
  • ロックウールをポリパックしている為、中身が漏れにくい、また飛散する心配がない。→工場、倉庫などに最適
  • その他、吹き付けによる耐火被覆を行わない現場や工場・倉庫など層間幅の広い現場、または止水階の層間ふさぎに特にお薦めです。
 
     
   
 
[1] テンロックホルダー、1.6mm鋼板、
ソーカンパックALタイプ
[2] スラブ面と外壁面を清掃します
[3] テンロックホルダーをセットします [4] テンロックホルダーに1.6mm鋼板をセットします
[5] ソーカンパックを挿入します [6] 外壁側とスラブ側にアルミシートを貼り付けます
 
 
※断面図      
  ※キャッチャー付の場合はあらかじめ1.6mm鋼板をセットしておくと施工しやすくなります。
 
     
   
 
  • 1.6mm鋼板1枚に対してテンロックホルダーを2〜3ヶ程度使用して下さい。
  • 1.6mm鋼板は現場手配となります。層間幅より5〜10mm大きい物が目安となります。
  • 1.6mm鋼板の上部はソーカンパック充填の為、50mm以上確保して下さい。
  • ソーカンパックは実際の層間幅より大きい幅(W)のものを使用し、圧縮して隙間のない様に施工して下さい。
  • 施工にあたり、予めジョイント用のテープを御用意下さい。
  • 外壁、スラブが濡れている状況では、アルミテープの粘着部に悪影響を与える為、施工は避けて下さい。
  • 1.6mm鋼板はズレ止めの為、ガムテープ等で固定して下さい。
 
     
   
 
ALタイプ テンロックホルダー
対応幅
(層間幅)
仕様サイズ
W
H
L
20〜24
AL-25 50R
25
50
900
25〜39
AL-40 50R
40
40〜49
AL-50 50R
50
50〜74
AL-75 50R
75
75〜99
AL-100 50R
100
100〜124
AL-125 50R
125
125〜149
AL-150 50R
150
テンロックホルダー
(TH)
テンロックホルダー
キャッチャー付(TC)
TH-50
TC-50
TH-75
TC-75
TH-100
TC-100
TH-125
TC-125
TH-150
TC-150

 
※アルミシートのりけい紙は2種類あります。
  • 1回の納品で100本未満の場合、又はホルダーのみの場合、送料がかかります。
  • 特注品は御相談下さい
  • 1.6mm鋼板は現場手配となります。
  • H=50で2時間の耐火性能試験に合格しています。
 
     
 
テンロックホルダー(TH)
テンロックホルダー
キャッチャー付(TC)
   
TH-50・75・100・125・150
TC-50・75・100・125・150
 
キャッチャーが可動します。
 
     
  テンロック+ソーカンパックのカタログはこちら  
     
耐震構造スリット、後施工スリット工事、層間ふさぎのロンビックジャパン