ZOOMスリット(目地棒タイプ)Products

ZOOMスリットイメージ

ZOOMスリット

品番 ZOOM-R ZOOM-RT ZOOM-RBT ZOOM-RUBT
仕様 耐火 耐火・鉄筋穴加工付 耐火・鉄筋穴加工
防水(ブチル3×15)付
耐火・鉄筋穴加工
防水(ブチル1×15)付
厚み 25mm、30mm、35mm
目地棒 (ZOOM-25) 木製 20×20×15 両テーパー
目地棒 (ZOOM-30) 木製 25×20×20 両テーパー
目地棒 (ZOOM-35) 木製 25×20×20 両テーパー

目地棒サイズ

目地棒は木製のもので、長めの丸釘で200mmピッチ以内で固定して下さい。
※目地棒は現場調達になります。

  • ZOOM-25

  • ZOOM-30

  • ZOOM-35

ご注文方法

ZOOMスリットの御注文は、増打ち込みの壁厚を御指示下さい。
(例)スリット厚み25mm、壁厚150mm、耐火タイプの場合
ZOOM-25R W-150 L-2,000 or L-2,250
厚み 壁厚 定尺

ZOOMスリット用 補強金具

T金具

全ネジL-200
台座、キャッチャー

対応壁厚 130~240 (壁厚250以上は台座付をお薦めします。)

M金具

目安として、L-2,000に4ヶ、L-2,250に5ヶ使用して下さい。

ML金具

セパレーターまでの持ち出しが大きい場合に使用して下さい。
目安としてL-2,000に4ヶ、L-2,250に5ヶ使用して下さい。

C金具

目安としてL-2,000に6ヶ、L-2,250に7ヶ使用して下さい。

CL金具

目安としてL-2,000に6ヶ、L-2,250に7ヶ使用して下さい。

ISC金具

I(全ネジ)+S(ストッパー)+C(キャッチャー)

スリットの芯材を挟みこむ様にストッパーで両サイドからおさえます。

  • ストッパー
    全ネジ 二分五厘用
    対応壁厚 170mm以上

ZOOMスリット(T金具)施工手順

  • 1. 先行の型枠に木製目地棒を釘で固定します。

    (コンクリート打設時に側圧がかかるので、目地棒は200ピッチ以内で固定します。)
    ※ロックウール側が部屋内側になる様にセットします。

  • 2. スリットの両サイドの塩ビと発泡体の間にT金具の台座をすべりこませます。

    (すき間を広げる様に塩ビの水返しを引っ張るとスムーズに入ります。)

  • 3. 全ネジを台座に固定し、キャッチャーをセパレーターに固定します。

  • 4. 返しの型枠に木製目地棒を200ピッチ以内で固定し、型枠を起こします。

    ※コンクリート打設時は側圧がかかる為、左右均等(約1m)に振り分けて下さい。

コンクリート打設時における注意点

特殊なコンクリートの使用、コンクリート打込み高さが高い、打込み速さが速い等側圧が大きくなる場合、又は壁厚が厚いとき(W180mm以上)、特殊な型枠を使用する場合、補強金具を使用するなど、充分な検討をして下さい。
コンクリートが片押しにならないよう必ず均等にコンクリートを打設して下さい。
バイブレーターが直接スリット材に当たらないようにして下さい。

ZOOMスリット 特注品

壁厚が大きい場合はZOOMとLV台座(W60,W100,W140,W180)の組み合わせを検討願います。

金具はC,CL,B金具が使用できます。
御相談下さい。

ZOOMスリット 補強金具

目安としてL-2,000で4ヶ、L-2,250で5ヶ使用します。

下から150→450→600ピッチ程度でセパレーターに固定します。 側圧が大きい場合は300ピッチで固定して下さい。